ロイヤルコペンハーゲン・クリスマスプレート 1945年 平和のモティーフ

   

サイズ:φ18cm 素材:陶磁器 ※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。

真正なデンマーク製 染付。

磁器最後の姿は 14世紀 景徳鎮で完成。

素磁に手描きし 釉薬をかけた後に1400゜Cで焼き付けます。

この高温に耐えうる 酸化コバルト(呉須)の ヨーロッパにおける調合は ベトガーの見果てぬ夢のまま 亡くなる 1719年にマイセンで完了。

  現在 兄弟会社である 民窯のビング&グレンダールの 初代1895年のクリスマプレートの成功から 王立ロイヤルコペンハーゲンでは 初年度1908年から デンマーク・ドイツ語版を出しました。

1909年には フランス・チェコスロバキア語版 1910年には英語版を加え 1931年から蘭語版も加え 世界で1番権威のある クリスマス・イヤー(1953から)プレートになリました。

昔 デンマークのアンニュアル專業者から 仕入れした商品に WEIHNACHTENと書かれたものがありました。

そこで 国際電話をかけて尋ねると 自分もわからないから 調べて返事するとの事で 帰ってきた返事は はっきりしないが たぶん デンマークのどっかの地名では ないかというのです。

私は 納得がいかず お客様に聞かれても 説明ができないので いつものように猛勉強をしました。

そして上記の事がわかりました。

WEIHNACHTENは ドイツ語でクリスマスのことでした。

  1737年 クリスチャン王のもと 創窯のコペンハーゲンでは 1755年デンマークのボーンホルン島で発見されたカオリンを使って 1771年 薬剤師ミュラーにより ポースレーンの焼成に成功(口舌の徒フンガーの悪評を嫌い 彼の誘いを断り 独自の開発を目指したので カオリン発見から永い歳月がかかりました)カール侯の妹 デンマーク王妃ジュリアン・マリーは 兄のフュルステンベルグ窯(ドイツ七大重要古窯)の名声に 刺激され 王に勧めて コペンハーゲン窯を 兄に負けない 名声を博する窯にするべく 1775年 王立窯 ロイヤルコペンハーゲンを 誕生させました。

リチャード・ベッカー 原画 世の平和を クリスマスローズに 祈る天使 昭和20年 第2次世界大戦終戦 3月10日 東京大空襲 死者 約10万人 4月6日 戦艦大和 撃沈 4月28日 ムッソリーニ 銃殺 4月30日 ヒットラー 妻エヴァ・ブラウンと自殺 5月15日 第二次世界大戦 欧州戦線終戦 8月6日 米軍エノラ・ゲイ号 広島に原子爆弾投下 死者約16万人 8月8日 ソ連 日ソ中立条約破棄 対日宣戦布告 8月9日 米軍 長崎市に原爆投下 死者約7万4千人 8月15日 玉音放送 終戦 8月27日 対占領軍 特殊慰安施設第一号 東京大森に開業  制作枚数が限られ 現存するもの少なく 価格は高騰していきます。

素材:陶磁器 ※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。

  • 商品価格:186,300円
  • レビュー件数:0件
  • レビュー平均:0.0(5点満点)